研修後のサポート

農業次世代人材投資事業(経営開始型) ハウス等補助事業活用支援

 豊後大野市インキュベーションファームでの研修を終えて、新規就農をスムーズに行うためには農地の確保、農業機械・施設の準備、住宅の確保など、様々な準備が必要となります。
 豊後大野市では、農業委員会による農地の斡旋、住宅確保のための空き家情報を提供。
 また、農業経営に必要なピーマンハウス、農業機械の導入のための資金を助成する補助事業や、給付金制度を利用する事ができます。

目次

農業次世代人材投資事業(経営開始型)

 次世代を担う農業者となることを目指す者の経営確立を支援するため、人・農地プランに位置付けられ、原則として45歳未満で独立・自営就農する認定新規就農者に対し、市町村を通じて、年間最大150万円を最長5年間交付。

交付金額:1人あたり年間150万円 交付期間:最長5年 年齢要件:農業経営者となる強い意志を持ち、就農予定の時の年齢が、原則45歳未満である。

※農業次世代人材投資事業(準備型・経営開始型)には給付要件が多数ありますので、詳細についてはお問い合わせください。

ハウス等補助事業活用支援


研修終了後、農業経営を行うためのピーマン用ビニールハウスの設置にかかる費用を補助する制度です。

新規就農者支援事業を活用する

 就農研修資金を借り入れて研修を行った研修生が、豊後大野市で5年間継続して就農した場合、就農研修資金の償還を助成する制度があります。(就農時45歳以上55歳未満の研修生)

補助対象:中高年(40歳以上~55歳以下)6ヶ月以内の(900千円) 補助条件:研修を終了後、豊後大野市で5年継続して就農する場合 負担区分:補助対象額のうち最大1/2

例:研修資金180万円(月額15万円×12カ月)を借り入れ、研修後に、豊後大野市で5年間継続して就農した場合に、補助対象額6ヶ月分の90万円の1/2の45万円が補助されます。
※青年就農給付金の、準備型、経営開始型の受給者は対象になりません。

担い手経営強化対策事業を活用する

 将来の、豊後大野市を担う農業者を確保育成するため、早期に経営安定が可能で、市の代表品目であるピーマン栽培を目指す新規就農者への支援をします。

担い手経営強化対策事業 対象者 補助対象 補助内容

住宅の購入・リフォームに関する補助事業

空き家を使用 住宅リフォーム助成事業 新築を希望 住宅新築補助事業

詳細はお問合せ下さい。


豊後大野市インキュベーションファームについてのお問合わせ・資料請求

↓メールでのお問合わせ・資料請求はこちら。
新規就農 資料請求

[電話でのお問い合わせ・資料請求]

豊後大野市役所農業振興課 担い手支援係

電話:0974-22-1001
内線:2317,2318,2319